紹介:小林重予さんの作品展が帯広で始まります!

 

今日から始まります!

小林重予 日記画・ブログ集「想いの種」出版記念 原画・作品展
想いの種が 舞い降りて

2017年11月、心臓病で亡くなった造形作家・小林重予は、病を得て立体作品の制作を断念してからも、2002年から始めた日記画は描きつづけました。このたびの作品展はその日記画300点余と、造形作家として活躍していたころの立体作品を数点ご覧いただける貴重な機会になっております。
(DMより)

2019年6月18日(火)〜6月23日(日)
11:00〜20:00(最終日17:00まで)
GALLERIA オリザ(ミントカフェ内)
帯広市大通南6丁目14-1

庭や畑で時間を過ごす時に、思い出す人が私には2人いて、その内の1人が重予さん。花が終わり、種を飛ばす頃、私の心の庭には、何の種が舞い降りてきているのかなと、重予さんの表現を借りて、私は四季折々を楽しんでいます。
ぜひ、1人でも多くの人の目にとまりますように。
1枚のポストカードサイズの作品も、じっくり見ていくと、時間が足りません。ぜひ、時間をつくってお出かけくださいね。帯広、今良い季節です。札幌からもぜひ!

 

 

いつも読んでいただきありがとうございます。
では週末、お会いしましょう。
はかり売りとものさし トロッコ
札幌市中央区南1条西15丁目1-319 シャトールレーブ405号室
営業日 土・日 13時〜17時
#はかり売り #ゼロウェイスト

コメント