芽吹く季節に、想いの種を

2017年に、この世から突然姿を消してしまった、造形作家の小林重予さん。彼女の友人である札幌の出版社、かりん舎 さんより、重予さんのブログ「ミンピーノート」をベースにした本が完成しました。重予さんのことが大好きだった人にとっては、久しぶりに重予さんと再会出来る、そんな嬉しい気持ちになる本です。(いや、嬉しいという感情も実は複雑で、私はページをめくる度に目頭が熱くなります。それは感動だけではなく、やはりもうこの世では出会えない悲しみなのか。)重予さんのことをご存知ない方にとっては、絵も言葉も、ハッとした何かを受け取ってもらえる、そんな素晴らしい出会いの本だと思います。芽吹く季節に、想いの種を沢山蒔いていけたらいいなぁと思っています。

 


 

地上に落ちて結実しない
膨大な数の種子に 思いを馳せ
人と人の 想いの種が
それぞれの 心のくぼみに 舞い降りて
感情の実を 結ぶことをも
願いながら
『小林重予 想いの種 日記画・ブログ集』より

 

ぜひ、1人でも多くの人に、この想いの種が届きます様に。トロッコで販売しておりますので、ぜひ、お手にお取りいただけましたら幸いです。(遠くにお住まいの方にも、連絡いただけましたら発送もさせていただきます)あわせて、いつも私達の事務所に彩りを添えてくれている、重予さんのBOXシリーズ作品も特別に展示いたします。

 

また、来月4月1日〜14日には、福岡のアートスペース獏 にて小林重予展があります。立体作品が主体と伺っています。ぜひ、こちらも合わせて見に行っていただけると嬉しいです。

 

いつも読んでいただきありがとうございます。
では週末、お会いしましょう。
はかり売りとものさし トロッコ
札幌市中央区南1条西15丁目1-319 シャトールレーブ405号室
営業日 土・日 13時〜17時
#はかり売り #ゼロウェイスト

コメント