大事に育てたい、藍の色の風呂敷

久しぶりの投稿になってしまいました。

トロッコオリジナルの多用布(風呂敷)の藍染!一点限り入荷いたしました。札幌の紺屋、纏祝堂(まといほぎどう)にて、天然灰汁発酵建てにて丁寧に染めていただきました。藍の深い色は見ているだけでも飽きません。とにかく美しい藍、風呂敷として荷物を運ぶ際にも、ちょっと寒い時には風除けとして身につけても。はたまた即席エプロンにもなるかもしれません。工夫次第でいろんなシチュエーションで大活躍します。使えば使うほど、しっくり自分の身の一部になってくれます。

 

 

生地はトロッコで取り扱っているオーガニックコットン。アメリカのスーピマ綿をスイスで紡績した、世界で最も高品質なオーガニックコットンから作られています。細い糸を高密度で薄く仕上げた布ですので、しっかりしながらも、軽やか。肌触りはうっとりするほどの素晴らしい品質です。洗濯した時はビックリの素材感で乾きも抜群!良いことづくしの多用布、贈り物にも最適です。

 

 

纏祝堂、実はトロッコ事務所からとても近いのです。出来上がりの連絡をもらって、すぐに工房にお邪魔しました。甕の中は深い藍色。ずっと眺めていたいくらいです。

 

 

まずは本物を目にしていただきたいです。美しい色にうっとり間違いなし。纏祝堂さん、今、染めたいものを募集もしています。ご興味あるかた、ぜひ、HPも見てみてくださいね。ちなみに私はスカーフの染めをお願いしています。出来上がりがとっても楽しみ。

 

纏祝堂(まといほぎどう)https://www.matoihogido.com/

 

いつも読んでいただきありがとうございます。
では週末、お会いしましょう。
はかり売りとものさし トロッコ
札幌市中央区南1条西15丁目1-319 シャトールレーブ405号室
営業日 土・日 13時〜17時
#はかり売り #ゼロウェイスト

 

 

芽吹く季節に、想いの種を

2017年に、この世から突然姿を消してしまった、造形作家の小林重予さん。彼女の友人である札幌の出版社、かりん舎 さんより、重予さんのブログ「ミンピーノート」をベースにした本が完成しました。重予さんのことが大好きだった人にとっては、久しぶりに重予さんと再会出来る、そんな嬉しい気持ちになる本です。(いや、嬉しいという感情も実は複雑で、私はページをめくる度に目頭が熱くなります。それは感動だけではなく、やはりもうこの世では出会えない悲しみなのか。)重予さんのことをご存知ない方にとっては、絵も言葉も、ハッとした何かを受け取ってもらえる、そんな素晴らしい出会いの本だと思います。芽吹く季節に、想いの種を沢山蒔いていけたらいいなぁと思っています。

 


 

地上に落ちて結実しない
膨大な数の種子に 思いを馳せ
人と人の 想いの種が
それぞれの 心のくぼみに 舞い降りて
感情の実を 結ぶことをも
願いながら
『小林重予 想いの種 日記画・ブログ集』より

 

ぜひ、1人でも多くの人に、この想いの種が届きます様に。トロッコで販売しておりますので、ぜひ、お手にお取りいただけましたら幸いです。(遠くにお住まいの方にも、連絡いただけましたら発送もさせていただきます)あわせて、いつも私達の事務所に彩りを添えてくれている、重予さんのBOXシリーズ作品も特別に展示いたします。

 

また、来月4月1日〜14日には、福岡のアートスペース獏 にて小林重予展があります。立体作品が主体と伺っています。ぜひ、こちらも合わせて見に行っていただけると嬉しいです。

 

いつも読んでいただきありがとうございます。
では週末、お会いしましょう。
はかり売りとものさし トロッコ
札幌市中央区南1条西15丁目1-319 シャトールレーブ405号室
営業日 土・日 13時〜17時
#はかり売り #ゼロウェイスト

今日のゼロウェイストショッピング

時々お惣菜パンや、菓子パンを食べたくなります。お昼ご飯作る時間が無い時とか、買い物ついでにふらっとパン屋さんに吸い寄せられてしまうことだって、まあ、ありますよね。手作りはいいに決まってるけれど、働いてるし、四六時中出来るわけじゃないから。バランスとりながら、生きるわけです。しかしながら、そういったお買い物の時が一番ゴミが出てしまうもの。一瞬で捨ててしまうプラ袋は、パンを購入する時、特に気になります。今日は、バタバタと食事もせずに出かける用事あり。絶対途中でお腹がすきそう、というわけで容器や袋を持って家を飛び出しました。我慢すればいいのだけれど。

 

 

やっぱりパン屋さんに行ってしまいました。出かけ途中にあった某パン屋さん。いつもレジは行列で混んでいるお店の印象。容器に入れてもらえるだろうか?初めてゼロウェイストにチャレンジするお店。若いレジのアルバイトの方は、「袋に入れず、容器に入れて下さい。」の意味は分からないようで、「袋に入れたものを容器にいれますか?」と返答される。いやいや、意味がないですから!しょうがない、忙しい中、マニュアルあっての仕事をしている中で、いきなりイレギュラーなことが飛び込んできたら、その言葉の意味まで考えないでしょう。「袋には入れずに」と返答し、無事に容器に詰めてもらいました。このやりとりがなければ、一つ一つプラ袋にパンを入れることをしないので、レジ時間は短くなること間違いなしだなーと改めて思います。そういった意味でも容器を持って行くという選択肢が当たり前になればいいなと思います。今回の反省点、レジの方に手短かに「ゴミを出したくないから」という理由を言えなかったことは次回に生かすとします。

 

【今日のゼロウェイストショッピング】

お買い物:パン(バケット、総菜パン、菓子パン)

持参容器:野田琺瑯 ホワイトシリーズ レクタングル浅型L 

さくっと出し入れ出来るお買い物バッグに入れて

場所:某パン屋さんD

 

いつも読んでいただきありがとうございます。
では週末、お会いしましょう。
はかり売りとものさし トロッコ
札幌市中央区南1条西15丁目1-319 シャトールレーブ405号室
営業日 土・日 13時〜17時
#はかり売り #ゼロウェイスト

 

熱い想い(厚い重い)のフライパン

美味しいものが大好き!料理好きと自信を持っては言えないけれど、食べるのは大好き。そんな私でも、とにかくこれで焼くとなんでも美味しく仕上がる魔法のフライパン!LODGE のラウンドグリドル。鋳鉄によりじわじわと熱が伝わる、厚みがあることで、熱をためてくれて冷めにくいなどが特徴です。さらにラウンドグリドルは、縁の立ち上がりが低いために、フライパン返しが使いやすい。そして平らな面が広いので、クレープ、お好み焼きには最適!餃子も素晴らしい。

 

 

ここ最近は根菜を焼くのがお気に入り。レンコンばかり焼いている日々。油を敷いて焼いてあげるだけ。あとは塩をふって。最高に美味しいごちそうになります。重いのが短所ですが、コンロの上で置いておくだけですから、重さはさほど気になりません。というか、重さで断念してこの美味しさを体験出来ないなんて本当にもったいない!1人でも多くの人に、この私の熱い想いを伝えたいです。

 

いつも読んでいただきありがとうございます。
今日は週末、お待ちしております。
はかり売りとものさし トロッコ
札幌市中央区南1条西15丁目1-319 シャトールレーブ405号室
営業日 土・日 13時〜17時
#はかり売り #ゼロウェイスト

 

ラップなしの生活なんて

ラップ、使ってますか?それはそれは便利な道具ですよね。災害の時などにはとても役立つので非常用バッグに潜めておきたいものですが、日常的にはやはり使い捨てであることがネック。ちょっと使って、すぐゴミ箱へ行ってしまうラップちゃんをどうにか救いたいもの。そんな思いを抱いている人、結構いるかと思います。さて、そんな思いを抱く方に朗報です!何度も使えるラップ、aco wrap が入荷いたしました。

 

 

植物染めしたオーガニックコットンに蜜蝋をベースにしたオイルをたっぷり沁み込ませています。まるい形で大きさが三種類、色は5色。シンプルで色も美しく、キッチンで使う度に嬉しくなる優れものです。使う頻度や使い方にもよりますが、だいたい半年から1年くらいを目安にお使いいただけます。最後は土に還ります。(土が近くに無くて困ってる方は、トロッコにお持ちいただければ代わりに土に還しますのでお気軽にお持ちくださいね。)

 

 

野菜の切り口に巻いたり、パンを包んだり、お皿の蓋として使ったり。アウトドアシーンでお皿代わりに使えたり。原料の一部である蜜蝋やホホバオイルは抗菌性と天然の保存性があるので野菜を保存の時には鮮度の持ちが良くなりますよ(何度も使える天然の)ラップなしの生活なんて、考えられなくなってしまいます!ぜひ、お試しくださいね。

 

いつも読んでいただきありがとうございます。
では週末、お会いしましょう。
はかり売りとものさし トロッコ
札幌市中央区南1条西15丁目1-319 シャトールレーブ405号室
営業日 土・日 13時〜17時
#はかり売り #ゼロウェイスト

はかり売りマップ、その2

 

朝の一杯、午後の一杯、1人でゆっくり、あの人と共に。喫茶店でいただくのもいいけれど、お家での一杯も欠かせないのが珈琲。唯一、どこへ行っても気軽にはかり売りしてくれるのが珈琲豆でもあります。ありがたい存在。私達のお店、トロッコの近くの喫茶といえば、喫茶つばらつばら。天井が高く、照明も落ち着く空間で、ほっと一息つくのにとても良い場所です。珈琲も美味しい、トロッコお気に入りの喫茶店。立ち寄る時には空の容器を持って行きます。ほっと一息の後、帰りのお会計の際には鞄から容器を出すのをお忘れなく。事前に預けておくのもいいですね。100g以上入る容器を持って出かけましょう。

 

 

はかり売り商品:珈琲豆
取扱店:喫茶つばらつばら
https://tubara2.exblog.jp/
北海道札幌市中央区南1条西13丁目三誠ビル1F

 

いつも読んでいただきありがとうございます。
では週末、お会いしましょう。
はかり売りとものさし トロッコ
札幌市中央区南1条西15丁目1-319 シャトールレーブ405号室
営業日 土・日 13時〜17時
#はかり売り #ゼロウェイスト
#はかり売りマップ

春の陽射しを受けとめるガラス瓶

 

昨年、とっても人気だったガラス瓶が入荷いたしました。湖のような、美しいガラス色は水をたっぶり容れて、季節の花をいけてあげたくなります。太陽の陽がさすと、特に美しいです。厚みのあるガラスや、昔の牛乳瓶のような口元も素朴な形なのが魅力です。

 

 

コルクの蓋がついているので、はかり売りの重曹をお買い求めの際にもご活用くださいね。

 

いつも読んでいただきありがとうございます。
では週末、お会いしましょう。
はかり売りとものさし トロッコ
札幌市中央区南1条西15丁目1-319 シャトールレーブ405号室
営業日 土・日 13時〜17時
#はかり売り #ゼロウェイスト 

あれこれ容器を探してみよう!

先日の「カカオ茶屋」、急にも関わらず、沢山のお客様にニセコ松風のココア饅頭と共に、アマゾンカカオをお楽しみいただき、またニセコ松風の教室の魅力も知っていただくきっかけにもなり、私達もとっても楽しい時間となりました。ご来店くださりまして、ありがとうございました。アマゾンカカオは通年取扱いいたします。これからもアマゾンカカオを使った楽しいことをちらほら企てていますので、お楽しみに!

 

さて、今日の投稿は、はかり売りの容器について少しばかり。近頃嬉しいことに、はかり売りをお求めの方が少しずつですが増えてきています。とても嬉しいことです。まだの方には、どの様な容器を持って来たらいいのだろう?と質問されることが多いので、ここで少し説明出来たらと思っています。基本は、蓋が出来るもの。持ち運び最中に漏れない、こぼれないのであれば何でも良いと思っています。ただし、ワンウェイ容器ではなく、何度も使える容器が良いですね!ワンウェイ容器というのは、一度だけ使うことを目的とした容器のことです。そうそう、よくあるあれやこれもそうですよね。プラスチック袋もしかり。リサイクル出来る素材のものも、一度しか使わないという意味でワンウェイ容器に含まれます。同じ形で何度も使う=リユース出来る容器をお持ちいただけるととっても嬉しいです。

 

 

写真は私達の持っている容器類。プラスチックのタッパー(左奥)は、今となってはほぼ購入することはないのですが、過去に買ったものがまだあります。こういう物は、可能な限り使ってあげましょう。戸棚のどこかにどの家にもありますよね。軽いので持ち運びやすいので、ぜひ、はかり売りを機にご活用ください。ガラスの保存瓶(右奥)は大きさ様々あるととても使いやすいです。持ち運びには少し重いのが難点ですが、同じサイズが複数あれば収納もすっきり。さらにガラスは匂いがつきづらいのもいいですよね。(絶賛使用中で)ここには出ていませんが、店でも扱っている野田琺瑯の琺瑯容器も素晴らしく使いやすいです。手前のステンレス容器は、韓国のキムチ容れです。軽くて蓋がしっかり閉まるのが魅力です。容器を選ぶ時の注意としてもう一つ、お塩には錆注意!鉄類は錆びてしまうということです。ステンレスも錆びにくいですが、錆びないわけではありません。ガラス瓶の鉄蓋も気をつけてくださいね。お塩はお家に持ち帰ったら陶器や琺瑯などの容器に移し替えることをオススメします。そういった意味で、琺瑯容器は購入した状態で使用出来るのでとても便利ですよ!

 

 

油も他の商品と同様に、持ち運び最中に漏れないようにというのが原則になります。蓋がしっかりしまる容器なら何でも良いかと思います。空になった油容器をお持ちくださる方やお酒のボトル(ウイスキー、ワイン、日本酒などさまざま)をお持ちになる方がとても多いです。ぜひ、お家にある使える瓶、探してみてくださいね。

 

いつも読んでいただきありがとうございます。
では週末、お会いしましょう。
はかり売りとものさし トロッコ
札幌市中央区南1条西15丁目1-319 シャトールレーブ405号室
営業日 土・日 13時〜17時
#はかり売り #ゼロウェイスト 

カカオ茶屋

2月23日、にゃんにゃんにゃんの猫の日の次の日、土曜日つまり明後日ですが、噂のカカオ茶屋がトロッコに出現します。カカオのお茶と、松風のココア饅頭で一息ついて、カカオのお買い物をお楽しみください。(つまり、有料試飲試食なのです)

 

 

さらっと書きましたが、そうなんですよ!滅多に食べられない、あの松風が登場します!!ちょうど今月の松風の和菓子教室がココア饅頭なのです。トロッコで扱っているアマゾンカカオもしっかり使ってくださって。ぜひ、初めての方には松風の魅力とアマゾンカカオの魅力を感じてもらえたら嬉しいです!お待ちしています!

 

いつも読んでいただきありがとうございます。
では週末、お会いしましょう。
はかり売りとものさし トロッコ
札幌市中央区南1条西15丁目1-319 シャトールレーブ405号室
営業日 土・日 13時〜17時
#はかり売り #ゼロウェイスト 

艶やかに美しい、ステンレスカップ

 

料理家、渡辺康啓さんのステンレスカップ(蓋付)が入荷いたしました。気になってたけれどなかなか手にすることが出来なくて、といったお客様が多かったのではないでしょうか。さすが料理家オリジナル!調理途中のカットした食材入れに重宝します。またディテールも美しく、食卓でそのまま器として使っても素敵ですね。蓋は小皿としてもお使いいただけます。
 

 

大きさは3種類。小(180cc)、中(270cc)、平形(280cc)。どのサイズもそれぞれ使いやすいですが、オススメの持ちかたは、同じサイズを複数個持つこと。中身を入れて蓋をした時も、使わない時も、どちらも重なった状態がとにかく美しい!そして省スペース!ぜひ、自分の合うサイズを見つけにいらしてくださいね。

 

いつも読んでいただきありがとうございます。
では週末、お会いしましょう。

はかり売りとものさし トロッコ

札幌市中央区南1条西15丁目1-319 シャトールレーブ405号室

営業日 土・日 13時〜17時
#はかり売り #ゼロウェイスト